あのダーク・ヒロカズ著「催眠術師になりたい」がオーディオブック化されて再び発売へ!

   

東京都東大和市で57歳の男性が11人の若い美女を洗脳、監禁しハーレム生活をしていて逮捕されたあの特異な事件のニュースを覚えていますか?

あのときに家宅捜索で見つかった本が、ダーク・ヒロカズ著「催眠術師になりたい」(1995年 竹書房)でした。

絶版となった「催眠術師になりたい」(ダーク・ヒロカズ)

この本に書いてあるとか言う『モテる呪文』を使うと本当に誰でも、美女を言いなりにできるのかどうかわかりませんが、アマゾンでは定価¥1,326(税込)の本が中古で2万円以上の値を付けて取引きされている希少本になっています。

ところが最近、パンローリングという出版社の英断によりこの本がオーディオブックという形で再び発売されるに至り、この「催眠術師になりたい」がついにまた日の目を見ることになりました。

『封印されていた実用催眠術を圧倒的なリクエストに応えて音声化』

『第四章以降の実践内容は、絶対に興味本位で行わないでください。 ※本オーディオブックの内容を実践した結果起こる全ての結果に関して、著者/当社では一切の責を負いません。』

という警告付きの強力な内容です。

MP3ファイルをダウンロードしたい方は、オーディオブックダウンロード販売の「でじじ」で入手できます。アマゾンのCD版は1月18日発売予定ですが、ダウンロード版は昨年12月から販売されています。

→→→ 催眠術師になりたい(MP3 約360分 66ファイル 税込1,000円) 

でじじではサンプル(序文の部分を10分くらい)の無料試聴ができます。また、今回の再販に際してダーク・ヒロカズ氏本人がコメントを寄せており、著者のホンネが聞けます。

『あなたは、この本を聴いてこの強力な催眠術のテクニックを知ったからといってあの男のようなことはしないでください!』

アマゾンでCD版を入手したい方はこちらから:

→→→ 催眠術師になりたい(オーディオブックCD 新品¥ 1,890)
    (2012年1月18日発売予定 アマゾンで予約受付中!)

追記:
早速購入しました。
第1章と第2章では、催眠術が掛かるカラクリ、催眠術を掛ける際の心構え、実際のやり方、催眠誘導に成功するためのコツやポイントが非常にわかりやすい言葉で解説されています。これら最初の2つの章についてはおまけのPDFファイルで読むこともできて、なかなかの心遣い。おかげで、「指寄せ」、「離れない指」、「引き寄せられる手」、光点凝視法、後倒法などなどたくさんの写真により理解が助けられます。第3章は面白く遊べるいろいろな暗示の例、つまりは催眠術ネタがてんこ盛り。催眠暗示の結果に伴う危険性や安全の確保にも言及されています。そして第4章ではついに禁断の催眠術へ。話題豊富で、驚くべき充実ぶり。

序文では、ダーク広和氏が、この本はインタビューに答える形でしゃべったものをライターが書いたものであるという経緯を語っています。WIKIPEDIAによるとこのゴーストライターが吉田豪氏だったそうです。だからなのか、非常にわかりやすい本です。

ちなみに、ダーク・ヒロカズ著「催眠術師になりたい」はライターである吉田豪氏がゴーストライターとして書いています。
吉田豪が事件に巻き込まれたゴーストライター経験談

 - NEWS ,