キース・バリーのデセプション(Deception with Keith Barry)(ディスカバリーチャンネル)

   

キース・バリー(Keith Barry)は1976年生まれのアイルランド出身のメンタリスト。メンタリストというのは、日本ではなじみがない職業ですが、催眠術やマジックなどを駆使して、人の心を読んだり欺いたりしてみなを驚かせるショーを構成します。コンピューターが外部の人にハックされると自由に操作されてしまうのと同じように、人間の心もハックできて脳の働きが第三者に操作され得るということを、あなたは信じられますか?

百聞は一見に如かず。

ディスカバリーチャンネル『キース・バリーのデセプション(Deception with Keith Barry)という番組で、キース・バリーの繰り広げるメンタリズムの世界を堪能できます。

銀行のATMマシーンの前で、お金をおろしに来た人をつかまえて、ちょっとした実験をします。相手にPINナンバー(暗証ナンバー)を思い浮かべてもらうだけで、キース・バリーがそれを当ててしまうのです。
 次の実験は、無意識に相手の意思を操作する実験。いかに私たちの意思決定が、無意識のレベルでの情報操作に支配されているかということがわかり、驚かされます。通行人も心理学科の大学生たちもみなキース・バリーにより自分の意思が容易に操作されてしまったことに驚愕。
(YOUTUBE:Deception with Keith Barry Part 1)

通行人から時計を借りて、キース・バリーがその時計をある時刻にセットしておきます。その人を一瞬で催眠状態に誘導し、時計の針が回るのをイメージさせます。その時計の針がだんだんゆっくりなっていき止った時刻は?
(YOUTUBE:Deception with Keith Barry Part 2)

以前紹介した、キース・バリーのTEDトークも非常に面白いです。
キース・バリーの驚異の催眠マジック(日本語字幕が付きます)。

 - メンタル・マジック